岡山立正青年会 ブ ロ グ

4月10日 岡山立正青年会 新年度総会

 4月10日(月)、平成29年度 日蓮宗岡山立正青年会の総会が、岡山市北区の蓮昌寺様に於いて開催され、大勢の若い日蓮宗教師が参加されました。
 初めに御来賓として大野玄秀宗務所長様よりご挨拶を賜わり、更に宗門が作成した『布教方針』が配付され、こちらを基に、合掌の意義や重要性について、また「皆さんはまだまだ若いです。若いうちにしか出来ないことは沢山あります。「自分にはこれが出来る」という特技を是非とも宗門でも生かして下さい。」
「そして、今回お配りしました『布教方針』を使って、檀信徒の皆様に益々布教して下さい。」とのお言葉を頂きました。
DSC06582.jpg

DSC_3645.jpg

 所長様のご講演に続いて、芥田健作新会長より挨拶を賜わりました。本年の活動テーマは【縁】・・・「地域との縁・人との縁・先師との縁」を基に会員一同精進して参ります。
 次いで、富松義真上人議長のもと、円滑な新年度総会が開催されました。更に内田智教幹事長より、本年の活動予定をはじめ、各専門部の部長・副部長の発表、本年度会計監査の選出等がありました。
 その他として、5月15(月)~16日(火)に岡山にて開催される中四国ブロック会議の確認、6月2日(金)に妙福寺(会長ご自坊)にて開催される行脚・読誦会・例会の確認等々がありました。

本年の執行部及び各専門部は以下の通りです。
☆会  長:芥田 健作 上人(妙福寺住職)   
☆副会長:平野 泰真 上人(妙圀寺住職)   
☆幹事長:内田 智教 上人(呑海寺内)     
☆会 計:石川 裕介 上人(蓮光寺内)     
☆書 記:籾  龍樹 上人(妙傳寺内)      
☆  〃 :鎌倉 功文 上人(妙忍寺内)

★企 画 部:髙嵜 照道 部長(妙応寺住職)
★布教伝道部:村上 朗寛 部長(妙乗寺内)
★  I  T  部:衣笠 通亮 部長(妙泉寺内)
★次世代教化部:佐藤正教 部長(顕本寺内)
★社会教化部:北山 孝顕 部長(妙楽寺内)
DSC06591.jpg

そして本年は新たに3名の若い会員が入会致しました。
DSC06592.jpg
左から順に・・・
◎妙林寺内:工藤 修也 上人
◎法光寺内:明石 奉将 上人
◎実教寺内:秋元 梨妙 上人
 
益々のご活躍を祈念致します。

文責:衣笠 通亮
スポンサーサイト
  1. 2017/04/12(水) 10:48:33|
  2. 新年度総会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月3日 熊本地震復興祈願 大柴燈護摩供 火渡り修行

4月3日、全日本仏教青年会主催の「熊本地震復興祈願 大柴燈護摩供 火渡り修行」へ岡山立正青年会より髙嵜照道と幹事長内田智教が参加いたしました。
法要は熊本県益城町再春館製薬ヒルトップ会場に設置された会場において行われ、
現会員だけではなく岡山立正青年会OB上人の小原観慈上人と長瀬幸洋上人がご参加され、全日青会長を始め全国から宗派の垣根を越え多くの僧侶が集まり私達も一緒に会場準備を行いました。
1491268638108.jpg 1491269805611.jpg
13時30分より法要会場まで御題目を唱え、法螺貝の荘厳な音色を吹き上げ、団扇太鼓の力強い音を響き渡らせながら練り歩く姿は本当にこれから始まる大法要の凄まじさを表しておりました。
1491269803409.jpg KIMG0069.jpg
そして法要会場で合流しましたキリスト教の牧師様達と一緒に式衆の皆様は法要会場にて準備された柴燈護摩行の結界へ入りました。「宗境なき坊主団」真言宗智山派島本久嗣僧正を大導師に熊本地震復興祈願法要を開式致しました。
法要中は非常に日差しも強く、柴燈護摩行の火や湯加持の儀で使用する大鍋の熱湯など厳しい状況下での読経作法でしたが参列した全ての宗教者が心を一つに最後までお勤め頂きました。
KIMG0070.jpg KIMG0090.jpg KIMG0071.jpg
そして式衆、僧侶、会場にお集まり頂いた一般参列者、と100人以上の人達がご修行させて頂き、その間も各宗法要としてキリスト教、浄土宗、曹洞宗、日蓮宗と各宗派による復興祈願を行いました。私達日蓮宗も修法師による木剣加持御祈祷をさせて頂きましたが各宗派ともにそれぞれが熊本地震で被災された皆様、復興に進む皆様に対し御祈念する姿は正に全宗教者の祈りが表されていたと思います。
KIMG0098.jpg KIMG0103.jpg
翌4日、髙嵜上人と内田で岡山立正青年会として震災ボランティア活動をさせて頂きました熊本市本妙寺様を始め熊本市内の日蓮宗寺院を参拝させて頂きました。昨年5、6月にボランティア活動で熊本に来た時より随分と復興、修繕など進んでいましたが、まだまだ各地においては手付かずの寺院、墓地があり改めて支援継続の重要性を実感致しました。
KIMG0099.jpg KIMG0100.jpg
最後に、東日本大震災の教訓を経てこの熊本地震と向かい合い過ごして参りました1年間だったと思いますが改めて被災地の方々の為、復興に関わる全ての人々の為、自分の考えを見つめ直す機会となりました。
今回お世話になりました先輩各聖を始め、熊本、九州地区の皆様に厚く御礼を申し上げます。

文責 内田智教
  1. 2017/04/09(日) 12:00:34|
  2. 全日青
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月2日 いのりんぴっく出店

4月2日 東京都柴又 題経寺に於いて東京東部主催「第12回いのりんぴっく」が行われ、
岡山立正青年会からは井本学祥・鎌倉功文が参加いたしました。
 柴又題経寺(柴又帝釈天)は映画「男はつらいよ」の舞台で、主人公である寅さんなじみの場所で有名であります。
多くの参拝・観光客がおられる中、午前10時半よりいのりんぴっくが開催されました。開会宣言を行った後、特設ステージに於いて多くの参拝者の前で公開仏前結婚式が執り行われ多くの人達からたくさんの祝福を受けておりました。
IMG_20170402_113442.jpg  IMG_20170402_132145.jpg
 私たち岡山立正青年会は中四国ブロック共同で「腕輪数珠並びにバッグチャーム作製」や「お坊さんの格好をしてもらい記念撮影」を行いました。
腕輪数珠・バッグチャーム作製では、参加した人の九星を調べ、本命星の色と同じ色の石を使い作製してもらいその後、製作した数珠とチャームに修法師が魂入れを行いお渡ししました。また、渡し終わった後、今年の星の運勢を教え又、疑問に思っている事や悩み事などを聞き答える事も行いました。それによって多くの人が集まり楽しんで頂きました。
IMG_20170402_132234.jpg    IMG_20170402_105503.jpg
記念撮影では、中四国ブロックで集めお借りした本衣や袈裟・子供用道服を使い、参加者の皆さんに着替えてもらい記念撮影を行いました。
普通の記念撮影でも滅多にできない衣に着替えての撮影は多くの人の興味を集めたくさんの人が集まりました。

おそらく現在放送されている大河ドラマの影響もあるのではないかと思います。また撮影するだけだはなくツイッターやインスタグラムなどのSNS用のプレートを使用して撮影することで興味を持ってもらえたと思います。
参加者の皆さんが楽しまれることで、私たちも一緒に楽しむことができたと思います。
参加してくださった多くの人から「とても面白く貴重な体験が出来てよかった」や「お寺も此の様なイベントを行っているとは思わなかった」などの多くの言葉を頂き、私たちもとても貴重な経験が出来ました。

文責 鎌倉功文


  1. 2017/04/09(日) 09:30:55|
  2. 全日青
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月31日 岡山立正青年会 年度末総会

3月31日(金曜日)午後3時より田町・蓮昌寺様を会場に「岡山立正青年会 年度末総会」が開催されました。

藤沢会長の玄題三唱で年度末総会が開会され
藤沢会長から、「少年少女の集いお疲れ様でございました。また今年度は例年にないくらい密度の濃い、色々な活動をさせて頂きました。その活動も今日で最後になります。本日はよろしくお願いします。」とご挨拶いただきました。
年度末総会の議長を安森 泰譱上人が務められました。
IMG_3606.jpg IMG_3608.jpg

年間活動報告、続いて各専門部報告。
IT部・社会教化部・次世代教化部・布教伝道部から、一年間の活動についての報告が行われました。
その後、「青年会会計報告」「熊本支援特別会計報告」が報告されました。
少年少女の集いについての報告があり、子供達が事故・怪我なく無事に二泊三日、身延山久遠寺参拝が滞りなく終了しました。
(少年少女の集いの内容については、岡山立正青年会ブログに掲載しております。)
IMG_3624.jpg IMG_3613.jpg

【卒業会員挨拶】
藤沢 貴文上人より
「身延山から平成15年に卒業して帰ってきた時に、平野 信行上人から声をかけて頂き、入会しました。当時は素行も悪く、先輩上人から馬鹿にされ、また可愛がっていただきました。そして会長になるまで後輩のことを何とも思っておりませんでした。ですが本年度会長を務めさせていただき、青年会を盛り上げるため、一生懸命付いて来てくれる後輩の姿をみて、初めて後輩のことが好きになりました。残り5年10年以上ある方もいらっしゃると思います。自分にとって何かプラスになるようによりよい仲間を作っいただけたらと思います。ありがとうございました。」
IMG_3629.jpg

山下 誠司上人より
「平成15年より青年会に入会しました。当初は青年会に入るつもりはなく。偶然にも、立教改宗750年があり、お手伝いをしていると会員の方から声をかけられ、その後も声をかけられ逃げられないまま所属をしました。その後4、5年すると慣れてきてから段々と参加をしなくなり、死亡説まで出てきました。これではいけないと思い、一生懸命参加をしました。一生懸命していると役職も沢山回ってきて、あっという間に卒業を迎えました。皆様も所属する限り、一回でも多く活動に参加をして役職も回ってきたら断らず、進んで青年会を盛り上げて貰えたらと思います。15年間ありがとうございました。」
IMG_3643.jpg

旧執行部挨拶として書記を務めていただいた若佐上人・江口上人・書記・会計を兼務していただきました井本上人。
幹事長を務めていただきました髙嵜上人からご挨拶をいただきました。
若佐上人
「執行部に入って思ったことは、会長・副会長・幹事長が大変な思いをされて一年回してこられた、皆様方に見えない所で、いろんな問題が起きたり皆さんに喜んで頂く為に一生懸命されていましたが、その思いが通じない場面が多々ありました。見えない所で頭を下げお願い事をし、頑張っている姿を見て、関係ない所にいると見えないけれど大変な苦労、思いがあるんだな。と一年間で学ばせていただきました。書記として係わらせていただき、お役に立てなかった所、もっと出来た所があると思います。それは来年の執行部の方が引き継いでよりよい会にしていただけたらと思います。ですが、執行部だけで会が回っている訳ではなく、皆さんで力を合わせて会を盛り上げていただけたらと一年通して思いました。ありがとうございました。」
IMG_3639.jpg
江口上人
「この一年間、書記として執行部に入らせて頂きました。いたらぬ所があり、執行部皆様に助けられ一年間頑張れる事が出来ました。ありがとうございました。私、青年会に入りまして4年たちましたその内の3年を執行部として過ごさせて頂きました。色々支えていただき感謝しかありません。岡山の生まれではありませんが、岡山の僧侶として育てて頂いたのは、青年会があってこそだと思っています。青年会に所属したばかりの方は、とにかく参加をして、参加をすれば得るものは必ずあると思います。来年度もよろしくお願い致します。一年間ありがとうございました。」
IMG_3641.jpg

井本上人
「書記兼会計を務めさせて頂きました井本です。会員の皆様にご理解、ご協力を頂き今日を迎える事が出来ました。会計をさせていただいて、今まで見えなかったこと、解らなかったこと。会計をしながら沢山学ばしていただきました。散華、写経を起爆剤として、青年会をもっと発展させて行きたいと思っています。一年間支えていただきありがとうございました。」
IMG_3642.jpg

髙嵜上人
「一年間執行部として大役を仰せつかりました。私は執行部に入るのも、今回初めてで何も解らない状態から皆様に支えていただきながら、頑張ってこれたと思っております。今年度に関しては新年度始まって早々、熊本の地震がありました。その時は突発的に活動をしてきました、忙しいなか執行部書記3名の方にも助けていただきました。今年は例年にはないくらい行事が多い年で、会長、副会長、執行部、また会員の方々には支えていただき、またご参加を頂きありがとうございました。来年は新会長のもと、この青年会がしっかりと回っていくように陰ながらお支えしたいと思いますが、皆様お一人お一人の力添えがないと会はスムーズに動きません。今年度は今日が最後ですが、来年度もまたよろしくおねがいします。ありがとうございました。」
IMG_3651.jpg

【新執行部】
会 長 芥田 健作上人
副会長 平野 泰真上人
幹事長 内田 智教上人
会 計 石川 裕介上人
書 記 籾 龍樹上人・鎌倉 功文上人
以上決定を致しました。平成29年度立正青年会の運営を円滑務めいきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

新会長 芥田 健作上人より挨拶
「昨年より会長をお話を頂き、来期に向けて準備をしてきました。私自身執行部が初めてで、かつ会長でございます。皆様のご協力なくして会務を進めることができません。是非とも皆様の力を賜りまして、一日でも一人でも多くご出席していただき、一人一人が存在感を出してほしいと思います。私は『役職が人を作る』と信じています。一年間どうぞよろしくお願い致します。」
IMG_3655.jpg IMG_3661.jpg

【地区幹事】
●東備・津山・建部  福島 義敬上人  
●岡①  厚海 龍仁上人
●岡②・岡北 佐藤 正教上人  
●高松・庭瀬・備北  濱田 恵康上人
●倉敷・井笠・妹尾  村上 朗寛上人

本年度の青年会活動、お疲れ様でございました。

新年度総会 4月10日(月曜日)午後3時~ 蓮昌寺様にて執り行われます。
多忙な中とは思いますが、沢山のご参加をよろしくお願い致します。

文責 籾 龍樹
  1. 2017/04/03(月) 10:00:00|
  2. 新年度総会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月27日~29日 少年少女のつどい②

「少年少女のつどい」2日目の朝は午前5時起床。
季節外れの寒さかつ、子供たちは慣れない早起きの中、荷物整理をして布団を片付け、
テキパキと清水房様を出発し、久遠寺大本堂へ歩いて移動致しました。
DSC_0643.jpg DSC_0644_2017032923331188b.jpg
本堂の厳粛さにちょっと緊張気味の子供たちでありましたが、
朝食を迎えるころには元気な笑みを浮かべるようになりました。
DSC_0612.jpg
朝食を頂いた後に、
ちょっと時間が空きましたので記念撮影の後、境内を散策しました。
「菩提梯」へ行きましたら、下って上って行く子供たちの体力には敬服いたします。
日頃の運動不足を痛感いたしました。。。。
そして定刻の9時より輪番奉仕をいたしました。
旧書院に於いて法主猊下のお話の後、猊下自ら藤沢会長に輪番を委嘱をされ、場所を移動し御真骨堂に於いて法要が厳修されました。
DSC_0666.jpg DSC_0677.jpg
子供たちには今は恐らく何がなんだかわからないと思うのですが、いつかこのことを思い出してくれればと思いますし、
この参拝は普通に来ただけでは体験できないものだというのをいつか知ってもらえればと思います。
特に朝からずっと正座の場面が多くありましたので、足が痛そうにしておりましたが頑張って座っていました。
DSC_0697.jpg DSC_0729.jpg
そして奥の院思親閣へ参拝いたしました。
前日の雨が雪となり、山頂の境内は至る所季節外れの雪景色となっており、
子供たちは珍しい雪を大変喜んでおりました。
DSC_0743_2017032923334029f.jpg DSC_0760.jpg
清水房様へ戻り昼食を頂いた後、身延を後にして明治製菓静岡工場へ向かいました。
しかし予想外の渋滞に巻き込まれ、予定時間を大幅に送れてしまい駆け足での工場見学となりましたが、
工場内に立ち込めるスナックやチョコレートの香り、売店でのお土産購入は大変子供たちの気持ちを高ぶらせるものであったと思います。
IMG_8154.jpg IMG_8160.jpg

2日目の宿泊は琵琶湖グランドホテルですが、
到着時間が大幅に遅れ、夕食・入浴・就寝が駆け足の中で、2日目の日程を終えました。
IMG_8172.jpg
3日はホテルを出発し、一路なんばグランド花月へ。
春休みの最中という事もあり、一般の観光客多くいる上に繁華街ということもあり、
気をつけて移動するように心がけました。
開演前に売店へ寄りましたが、子供たちは「待っていました」とばかりに、
喜んでお土産を買っておりました。
公演中は撮影することが出来ませんでしたが、子供たちはテレビでよく見る新喜劇やタレント・漫才師を観たのは大変喜んでいたと思います。
IMG_8179.jpg DSC_0790.jpg
昼食を頂いた後すぐに「インスタントラーメン発明記念館」へ移動。
食べたことがあるであろう「インスタントラーメン」を自らの手で作ってみました。
自らパッケージをデザインし、世界で一つだけの「チキンラーメン」を作ったのは大変思い出深いと思います。
IMG_8215.jpg IMG_8224.jpg

そして帰路は大幅に遅れることなく、順調に岡山駅へ到着し、
無事に解散することが出来ました。

家族旅行とは違った経験をしたと思いますし、お寺の生活という日頃体験しがたいことが、
今後の生活に活かされることを願うばかりです。

来年も大勢の参加をお待ちしております。
御参加頂きました皆様に御礼を申し上げます。
また会員各聖におかれましては、年度末総会を残すばかりとなりました。
最後まで気を抜かず頑張っていきましょう。

文責 芥田健作
  1. 2017/04/01(土) 10:00:00|
  2. 少年少女のつどい
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ