岡山立正青年会 ブ ロ グ

7月14日 九州北部豪雨災害募金活動

7月14日午後5時より岡山駅前ビックカメラ前にて「九州北部豪雨災害」の募金活動を行いました。
3407.jpg 3405.jpg
青年会からは執行部を中心に10名の参加、また社協会様からは鎌倉会長を始め7名の御参加を頂き、
そして途中寺族を伴ってご参加されるお上人もおられ、夕刻の暑さ残る最中でありましたが、街頭の皆様に呼びかけをさせて頂きました。

ちょうど週末の学校帰り、仕事を終え、各々帰宅途中の方々が募金に協力してくださいました。
3416.jpg 3413.jpg
袈裟・衣を羽織っている姿をみて不思議そうに見るかたもおられれば、
「みなさんはどんな組織なんですか?」「頑張ってください」と気軽に声をかけて頂いたことは有難く思います。
そしてこの活動を通して、僧侶の姿を街に示すことが出来たと思っております。
3410.jpg

募金活動は約2時間近く行われ、多くの義援金を賜りました。
7月22日の蓮昌寺バザーにおいても、募金活動を執り行う予定で御座いますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/16(日) 10:45:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先師法要・夏期講習会

7月3日(月)岡山市北区三門の妙林寺様におきまして、岡山県宗務所様主催の夏期講習会が開催され、あわせて岡山立正青年会先師法要が厳修されました。

午前9時半より妙林寺様本堂にて営まれた先師法要には、岡山県宗務所長 大野玄秀僧正はじめ、多数の青年会OB上人の参列を賜りました。法要では、導師を務めました芥田会長が、過去帳に記載されました青年会先師上人のお名前をお読み上げして、報恩感謝のご回向をさせていただきました。

DSC07099.jpg DSC07102.jpg DSC07105.jpg


 10時半よりの夏期講習会午前の部では、各会よりの宗務連絡があり、青年会からも芥田会長が登壇して、青年会の活動報告をさせていただきました。

DSC07124.jpg


 午後からは、宗務院伝道部長松井大英僧正より、日蓮大聖人御降誕800年記念事業についてご講演いただきました。

会場を提供してくださいました妙林寺様、ご多用の中、早朝より先師法要にご参列賜りましたOB上人各聖には厚く御礼申し上げます。
参加された会員の皆様、たいへんお疲れ様でした。

文責 江口 明照
  1. 2017/07/06(木) 17:09:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月23日 沖縄慰霊行脚

平成29年6月23日(金曜日)
「慰霊の日」を迎えた沖縄にて、法華経寺様、神奈川第一部日青会様を中心とした全国日蓮宗青年会の青年僧と共に、岡山立正青年会から、会長の芥田・平野副会長・高㟢企画部長・佐藤の4名が「沖縄戦没者慰霊行脚」に参加させていただきました。
沖縄写真_170625_0118 沖縄写真_170625_0090
午前6時40分に法華経寺様へ集合し、バスにて糸満ロータリーまで移動し、8時半頃に出発しました。
沖縄写真_170625_0089 沖縄写真_170625_0075
前日に梅雨が明け、夏を迎えた沖縄でありました。
気温も33度まで上がり、行脚中熱中症となってリタイヤする人もおられ、大変厳しい中での行脚となりました。
一人一人大きな声で、太鼓を合わせお題目を街中に響かせながら、ひめゆりの塔・健児の塔を経由し、摩文仁の平和記念公園を目指しました。
途中市民行進の給水所が何か所があるのですが、その方々が黒飴をご供養してくれました。
とてもありがたいです。
行脚というのもある意味孤独なものだと思いますし、下手すれば人から白い目で見られます。
でもあの暑さの中はその自身も余計なことを考えずにひたすらに進んでいきます。お題目をお唱えします。
道行く人も同じ炎天下を共有しています。
同じように暑さに耐える中だからこそ、心がつながるものなのだと思いました。
沖縄写真_170625_0104 沖縄写真_170625_0044
あと「苦しいんだよ。苦しんだけどなぜか大きな声でお題目を唱えると、頑張れるんだよなぁ。」その言葉を口にした先輩がおられました。
私もそのように感じておりますし、この行脚に参加された皆さんは共通した思いなのだと思います。
沖縄写真_170625_0067 沖縄写真_170625_0045

6月に岡山市内で行脚をさせて頂きました。
久しぶりに街中で行脚をすることで「人から見られる意識」「見られている中で自身がどのように考えるか」
僕なりに会の行脚において考えたテーマであります。
この沖縄での行脚は、
「お題目ってすごいんだよなぁ」って実感をさせてくれると思います。(各聖その他の場面で感じているかもしれませんが)
沖縄写真_170625_0035
そして72年前戦火の中必死になって摩文仁や北部へ逃れようとした方々の気持ちや思いを考えてほしいと思います。
「住んでいる場所がなくなり、敵の軍隊が目の前にやってきて、どう逃げたらいいかわからない。」
僕らはそんな経験はもちろんありませんし、これからもそのようなことはあってはならないと思います。
日常生活においてはそのことを考えることは、なかなかありませんが、この日この場所だからこそ、その当時の思いを考えることが出来るのだと思います。
だからこそ会員に「一度は参加してほしい」と思います。
命を削るような思い。命を削って海へ歩いて行った人たちの思いを感じてほしいです。
沖縄写真_170625_0031 沖縄写真_170625_0033
その体験した中で、どのように受け止めて、
何かに活かしていくか。
その機会だと思ってもいます。

「慰霊無くして、真の平和はない」と諸先輩からお聴きしましたが、
その心を我々僧侶が伝えていかなければならないと思います。

この場をお借りして、沖縄戦戦没者の方々のご冥福を心よりお祈り致します。

最後になりましたが、給水など色々お気遣いを頂きました全国日蓮宗青年会事務局の皆様に感謝致します。
そして参加された会員の皆様大変お疲れ様でした。

文責 芥田健作
  1. 2017/06/26(月) 10:35:16|
  2. 全日青
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

法要練習・教箋仕分け・例会

 6月19日(月) 岡山市北区三門の妙林寺様におきまして、法要練習ならびに教箋仕分け作業が行われました。

 午前10時からの法要練習では、講師に岡山県声明師会より大野貴正上人をお招きして、発声練習に始まり、基本的な声明や法要での所作といった点について、丁寧に指導して頂きました。
 大勢での法要では、個々人が声や所作を「揃える」ことを意識していないとバラバラに乱れて見苦しくなってしまうとのことで、会員一同、大野上人の指導を受けつつ、整然とした法要ができるよう、練習を重ねておりました。

P1010050.jpg P1010052.jpg P1010056.jpg P1010058.jpg

 午後からは、岡山立正青年会が毎年発行しております教箋「しあわせ」の仕分け作業が行われました。
 本年度は、『法華経』常不軽菩薩品第二十より
「我深敬汝等 不敢軽慢 所以者何 汝等皆行菩薩道 當得作佛」
が採用され、完成した数万枚の教箋を県内の御寺院様よりの注文数ごとに仕分けする作業が行われました。
 人海戦術でしたが、1時間あまりでなんとか作業を終えることができました。

img1116.jpg  P1010061.jpg P1010064.jpg

 作業の終了後は青年会の例会が行われ、7月に開催されます青年会のバザーや、本年度の少年少女の集いなどについて確認、議論が交わされました。

P1010066.jpg P1010067.jpg



 会場を提供してくださいました妙林寺様、講師として指導してくださいました大野上人には厚く御礼申し上げます。
 参加された会員の皆様、たいへんお疲れ様でした。

文責 江口 明照
  1. 2017/06/20(火) 10:51:56|
  2. 例会・読誦会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6月2日 清輝橋 妙福寺様 行脚・読誦会・例会

6月2日(金)13時より清輝橋・妙福寺様を会場に「唱題行脚・読誦会・例会」が執り行われました。
DSC06996.jpg P1000905.jpg

今回の唱題行脚は、会員一同行脚スタイルを身にまとい、それぞれ三門・妙林寺様、上中野・正福寺様から出発し、3班に分かれて行いました。
当日は晴天にも恵まれ、会員一同怪我やトラブルもなく、清輝橋・妙福寺様までの約4キロの道のりを無事に行脚することができました。
行脚の途中、平日ということもあり車の通りは多いものの、歩いている方は少なかったのですが、そんな中でもすれ違った方に「お疲れ様です」との有難いお言葉を頂き、元気が出ました。
このような機会を大切にし、行脚を通して地域の皆様との「縁」も築いていくことが出来ればと改めて行脚の大切さを感じました。
今回の行脚を通して、私たち僧侶は世間からどのようにとらえられているのかを考える良い機会となりました。
この気持ちを忘れることなくこれからの活動もより一層精進して参ります。
P1000912.jpg 3DSC07002.jpg 

2DSC_3698.jpg DSC_3716.jpg

唱題行脚の後、妙福寺様の本堂内にて芥田会長導師のもと、お経を読ませて頂きました。行脚終了後ではありましたが、力強い読経となりました。
DSC07017.jpg DSC07023.jpg

例会では、芥田会長より妙福寺様の寺歴などをお伺いし、更に、各々の寺院の長所や短所はどのような所かをしっかりと自分達で把握し、布教に生かすことが出来るのかもお話下さいました。
そして今回「行脚を通してどう感じたのか、道行く人の顔を拝見し、どう思われているのかを考えるのも修行の一つであると」お話しになっていました。
P1000922.jpg

次に各専門部長より、現在までの部会活動報告や青年会活動報告が行われました。
そして、6月19日(月)に、妙林寺様にて開催されます「先師法要練習・教箋仕分け・例会」の確認や、7月に蓮昌寺様にて開催されますバザーと、手伝いの姿勢について、更に6月12日(月)に開催されます「僧侶塾」についてもお話しがありました。


6月2日より新たに大野高秀上人(太然寺内)が入会されました。
DSC07035.jpg



最後に駐車場を御貸し頂きました、妙勝寺様。
行脚のスタート地点として場所を御貸し頂きました、妙林寺様・正福寺様。
会場を御貸し頂きました、妙福寺様。
誠にありがとうございました。
当日参加されました青年会会員の皆様、お疲れ様でした。

文責:秋元梨妙

  1. 2017/06/03(土) 11:01:17|
  2. 例会・読誦会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ